失敗をしない任意整理のための弁護士や司法書士の選び方
サイトマップ

お願いした事務所がつぶれたら

弁護士事務所や司法書士事務所に任意整理を依頼する方も多いでしょう。

 

ところで、弁護士や司法書士などの専門家の事務所はつぶれないと思っている方がいらっしゃるようですが、それは間違いです。

 

専門家の事務所もつぶれることがある

弁護士の数は増えているが、多くは都心に集中しており、都心では顧客の奪い合いとなっています。顧客争奪戦に敗れた弁護士事務所は資金繰りが苦しくなり、破たんしてしまう可能性もあります。

 

弁護士事務所や司法書士事務所は公的機関ではなく、民間企業に近い形ですので、経済的に苦しくなれば破たんする可能性もあります。

 

また、士業の事務所は最低1人は弁護士や司法書士が在籍していなければなりませんが、懲戒処分などで資格をはく奪されたりすると、後釜が来ない限り在籍している専門家がいなくなるので、つぶれる運命にあるのです。

 

任意整理を依頼していた事務所がつぶれたら

事務所内に複数の弁護士が在籍しているのであれば、同僚に案件を引き継いでもらうことができます。

 

しかし、事務所そのものがつぶれてしまってはどうにもなりません。その場合任意整理はどうなるのかですが、任意整理中の出来事であれば債務者の積立金は返還請求をすることが可能です。

 

下手なところに依頼をするとこういった面倒なことに巻き込まれる可能性があるので、信用のできる実績が豊富な法律事務所で借金返済の相談を進めておくべきなのです。