失敗をしない任意整理のための弁護士や司法書士の選び方
サイトマップ

スムーズに行うためには

テレビのニュースなどを見ていると、裁判はやたら時間がかかっている印象があります。

 

同じ債務整理でも、裁判沙汰になると時間がかかりそうですが、当人同士の話し合いで決まる任意整理にはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。

 

期間は最短でも2か月間

結論から申し上げますと、任意整理は和解交渉ですのでそれにどれくらいの時間がかかるかはケースバイケースです。

 

ただし、全てがスムーズにいった場合の目安であれば、おおむね「2か月間」といったところです。スムーズに行って2か月間ですから、それ以上の期間は覚悟しておかなければなりませんね。

 

期間を短くするには

債務者としては、期間が短く任意整理の交渉が終わればそれに越したことはありません。そのためには、まず債権者が取引履歴を素直に開示しなければなりません。

 

債務者が直接交渉をしても、貸金業者が素直に応じてくれる可能性は高くありませんので、任意整理を得意とする専門家に依頼をすると素直に開示してくれます。

 

そして、交渉がスムーズにいくことも旗艦を短くするポイントですが、ここでは相互の歩み寄りが重要です。

 

まずは債務者が正直に借金や収入を申告して、それに基づいた返済計画を立案してもらいます。業者がそれに納得すれば、任意整理交渉はスムーズにいくのです。

 

具体的な進め方や詳しい内容については、専門家のもとで借金の任意整理解決相談で聞いておくと良いでしょう。